jal naviカードは海外旅行をする学生にとって強い味方

 大学生の姪っ子が二十歳になり、そのお祝いで、私と娘との海外旅行に招待することになりました。その際、海外ではクレジットカードを持っていることが、一つの身分証明になること、そして、現金を持ち歩かせたくない、という思いから、JAL NAVIを作ってもらいました。
 このカードを選んだ理由は、利用する飛行機がJALであったこと、そして、収入のない学生でも、本人カードが作れること、さらに、在学中は年会費が無料であることが主な理由でした。しかも、これ以外にも、さまざまな優遇特典、たとえば、マイルがたまるのは当然のこと、有効期限が在学中は無期限になったり、マイルが有利にたまること、さらには、保険も付帯していることなどです。こういった特典は将来のJALカード取得に向けたものになっているのでしょうけれど、仮に在学期間中だけであっても、年会費があるわけでもなく、多くのメリットのみを利用できる、学生にとって強い味方になってくれるカードといえます。
 実際、姪っ子は、長距離路線で、高い設定運賃の航空券であったこともあって、マイルを多く獲得し、その後も在学中、近距離路線を利用したマイルも合算し、特典航空券を利用して、卒業旅行に友人と出かけました。卒業後は、JAL NAVIは解約となり、JALカードを1年間だけ持っていましたけれど、現在はそれも解約、それでも学生時代に多くの恩恵にあずかることができました。

ザクザクポイントが貯まるdカード

2009年からdカードを利用しています。当時はdocomoユーザーでしたが、docomoを使用しなくなっても使えるクレジットカードです。年会費は無料ですが、dポイントが貯まりやすいコストパフォーマンスに優れたカードだと感じております。使い始めた頃は、ポイントが貯まる店が少なくて、docomoユーザーにしか恩恵がなかったのですが、現在ではTポイント並にポイントが貯まるし、支払いに使えるようになり、日常生活に欠かせなくなっています。
特にd払いとiDを活用することで、よりお得に使い倒すことが可能となります。
d払いでは頻繁にポイント還元キャンペーンを行なっており、10?20%還元の時に買い物をすれば、ザクザクポイントが貯まります。キャッシュレス決済が広まる中で、d払いは特に優れた還元です。アプリもシンプルで使いやすいです。
iD支払いをすることで、ローソンとマツモトキヨシ特約店では最大で3%のキャッシュバックがあるので、d払いのキャンペーンと使い分けることで、お得に使うことができます。iDはスマホで使うことができるので、レジでスムーズな決済が可能です。
日用品からネットショッピングとポイントが貯まりやすいdカードをこれからも有効活用していきたいです。

三菱UFJ銀行VISAカードはキャッシュレス生活の強い味方

新卒の頃に勤めていた会社で作れと言われて作ったクレジットカードですが、年会費が無料なのでその会社を辞めた後もそのまま使い続けています。主にAmazon プライム会員の会費やインターネット通販での決済、毎週通っているジムの会費などはこのクレジットカードで払うようにしています。キャッシュレス決済が励行される世の中で、実はまだキャッシュレスに対して不安を抱く場面も多々ある中で、このクレジットカードには10年近くお世話になっていて信頼しています。サービスに関してあまり不満はありませんが
、収入が振り込まれるのは別の口座なので、時々クレジットカードの方の口座にお金を振り込む必要があるのが少し手間だと思います。東京に住んでいた頃は何処にでもこのクレジットカードの会社のATMがあって、お金を出し入れするのに振込手数料がかからなくてとても便利でしたが、地方の田舎に引っ越すと会社のATMは全く無く、仕方が無いのでコンビニのATMで手数料を支払ってクレジットカード決済に必要な現金をまとめて振り込むようにしています。年会費が無料なのでお得のような気がしていましたが、田舎の生活では手数料を払うのも仕方が無いと割り切って使っています。

断然お得なクレジットカード!エポスカードに決まり

使い勝手の良さという点では申し分ないクレジットカードだと思います。私自身、マルイが好きなので自然とエポスカードに興味を持つことになったのかもしれません。カードを使って決済することで、品物自体の代金が10パーセントオフになるのも嬉しいポイントです。何だかとっても得したような気分になれます。ただでさえお得感満載な上に、使えば使うほどにポイントがたまるのも気に入っているところです。200円で1ポイントが付与されるので、あっという間にある程度のポイントがたまります。我が家では、電気やガス、水道などの公共料金をエポスカードの決済にしていますので、ポイントがどんどんたまっていきます。
たまったエポスカードは、商品やサービスの購入代金として使えますので、調子に乗って使い過ぎてしまうことも。ギフト券や景品などとの交換も可能ですので、直ぐに欲しいモノが浮かばないなら、ギフト券も良いのではないでしょうか。「年会費がかからない」というのもエポスカードのメリットかもしれません。例え数千円といえども、年会費を取られるのは、もったいない気持ちもします。特筆すべきは、カードの発行がスピーディーな点です。パソコンやスマホなどのデバイスさえあれば大丈夫です。

初年度は年会費無料!ポイント付与サービスもある三菱UFJニコスカード

銀行口座を作る際に、一緒にクレジットカードの申し込みをして作りました。
キャッシュレス決済でキャッシュバックがされるようになったので、クレジットは割と利用するようになりました。
スーパーやコンビニでは電子マネー決済も可能なので、利用しないかなと思っていたのですが、たまに行くスーパーや一部のお店は電子マネーや○○ペイに対応していないこともあります。
頻度としてはそれほど多くはないのですが、それでもひと月に2~3回くらいはそういったお店に足を運ぶことはあるので、支払いはクレジットで行うようになりました。
今までクレジットをそれほど利用していなかったので、自分の利用しているカードのサービスをあまり知らなかったのですが、使った額に対してポイントが付与され、年に一度そのポイント分が引かれるようです。
全然知らなかったので、請求額を見ておかしいなと感じ、発覚しました。
ただ、利用している三菱UFJニコスカードは初年度は年会費が無料ということなのですが、以降は1000円程度の会費が必要となります。
うっかり忘れていたので、仕方なく会費を払ってしまいましたが、そろそろクレジットカードを変更した方がいいかなと考えています。

いろいろお得、ファミマTカード

私は現在クレジットカードを3枚持っておりますが、メインで使用しているのはファミマTカードです。このカードを選んだ理由は年会費が無料である事と、私の自宅の周りにファミリーマートが多くあり、よく利用させていただいているからです。ファミリーマートでの買い物には200円でTポイント1ポイントがつくので日々の数百円の買物でも2、3ポイント位がつきます。私のケースだと月に1万円ほどファミリーマートで買物をするので、50ポイント前後貯まります。買物以外には公共料金(電気、ガス)やスマホの格安SIM(IIJ)の利用料金もこのファミマTカードで支払っているのでさらにポイントが加算されます。同様に200円でTポイント1ポイントが加算されます。その他ショッピングでクレジットカードで支払いをしても上記同様ポイントが付くのでそれだけでも結構たまっていきます。たまったポイントは1ポイント1円でヤフーショッピングやヤフオクなどにも使えて、またファミリーマートやTポイント加盟店の飲食店などにも使えるのでお得だと思います。
Tポイントはほぼ全国に普及しているので、それを有効に使えるクレジットカードのファミマTカードがお得で便利ではないだろうかと思うし、是非お勧めします。

審査や電話窓口に関して印象の良い三井住友VISAビジネスゴールドカード

私が勤めている会社ではクレジットカードを使って備品調達等の支払をすることが多いのですが、それまでメインで使っていたクレジットカードはすぐ上限金額に達してしまい困っていました。利用金額の上限を引き上げようにも、カード会社によって、仮に審査しても一時的にしか上げてもらえなかったり、そもそも利用金額の上限引き上げについては対応してもらえなかったりして、どうしようかと悩んでいました。しかし、このカードはしっかり必要書類を揃えれば審査をしてもらえたので、現地で支払ができないようなリスクが大幅に下がり、助かりました。
また、審査に関する問合せをした際には、窓口の方が、まだ総務関係の仕事に慣れていなかった私にも分かりやすいよう噛み砕いて説明してくださり、安心したのをよく覚えています。
ただ、私の会社は月末が締日なのですが、このカードは利用明細が確定するのが25日頃になるので、まだ領収証のみで仕入れ金額を把握する体制が整っていない弊社では、毎月このカードの明細が確定するのを今か今かと待つ必要があり、そこだけ不便を感じています。
ですが、上限金額に関する点や、電話窓口での印象の良さは他のカード会社に比べてとても良いと感じているため、これからも使い続けたいと考えています。

エポスカードでスマホキャッシング

エポスカードはクレジットカード界では極めて珍しいことに、スマホキャッシングのサービスがあります。
主に消費者金融大手が実施していますが、セブン銀行ATMで、カードを使わずスマートフォンで現金を引き出すもの。
消費者金融でもATM利用手数料(1万円まで100円、1万円を超えると200円、ともに税別)を徴収されるのに、エポスカードなら無料というのも画期的です。
これを体験してみました。
セブンイレブンに出かけ、ATMでスマホキャッシングを選びます。
いっぽうATMの前でエポスカードのアプリを立ち上げます。
金額を入力すると、SMSが来ます。SMSを認証するとカメラが開くので、これでATMに表示されるQRコードを読み込むと、準備完了。
スマートフォンに企業番号が表示されます。これをATMに入力すると、お金が出てきます。
意外と簡単な印象です。
後日、返済もしてみました。操作はほぼ一緒です。
ただ、何度か使ったことがあるのですが、「メンテナンスで利用不可」の表示が出ることも多い気がします。
カードを持っていればいいのですが、その際は持っていなかったので困りました。
そのようなこともありますが、エポスカードは30日間利息無料サービスも実施しており、キャッシングにはお勧めです。

三井住友VISAプロパーカードの信頼性は抜群!ただし、ゴールドカードの必要性は微妙。

ゴールドカードの年会費は10,000円(税抜)なので利用頻度が高くない限りメリットは大きくないように思います。ただし、WEB明細にすると1,000円割引。さらにマイ・ぺイすリボ(リボ払い)に登録して、1回以上利用で年会費半額になるため、実質年会費は4,000円(税抜)になるので、これを利用してゴールドを持ち続けています。しかし、2021年から年会費半額の対象が変更されるようで、「マイ・ぺイすリボに登録+1回以上のリボ払い手数料のお支払いがある」人となるみたいです。これだと一気にメリットがなくなってしまうので、普通のカードに戻すことも考え中です。ポイントに関しては、0.5%+年間利用金額によるボーナスポイントがもらえます。ポイントが貯まった分は、商品に代えることもできるし、キャッシュバック(請求書から差し引いてくれます)もあるので、とても助かっています。家族カードは1枚目無料です。ETCカードも無料です。旅行傷害保険は5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付いています。航空ラウンジの利用もできるので、飛行機で旅行とかによく行かれる方は持っていてもいいかなと思います。プロパーカードとしては持ちやすいと思いますが、ゴールドカードにするかどうかは、個人の利用状況で考えたほうがいいかなと思います。海外旅行によく行く人であれば、航空ラウンジや保険の分だけでも十分メリットがあると思いますし、海外でも認知度は高いらしくゴールドカードであれば、安心して買い物ができます。

高還元率!Amazonでもポイントが使えるJCB CARD W!

このカードの1番の特徴は、他のカードに比べて高いポイント還元率です!基本的に、1%の還元ですが、入会後3ヶ月は10倍溜まったりなどかなりの高還元率だと思います。オキドキポイントというのが溜まっていくんですが、それはAmazonで何かを購入する時に使えますし、1ポイントで3.5円になります。これが意外と使えて、あまり毎月ポイントを確認はしてないので、たまにAmazonで何かを買おうとした時に支払い画面で「オキドキポイント使いますか?」という表示を見て、使おうとすると「え!全額ポイントで払えるじゃん!」というのも珍しくないです。年会費も無料ですし、JCBなので日本で使えない所はあまりないかと思います。また、現在で言うとAppleペイで使用すると、20%還元されるなど、色々なキャンペーンをしているのもいいところだなと思います。一つだけネックとするなら、39歳以下しか入会が出来ないというところです。ですが、初めてクレジットカードを作ろうと考えたりする人は基本的には、20代であることが多いと思いますので、全く気にしなくていいと思います。JCBのカードなので、保証やもしもの時もしっかりとしたサポートをしてくれます。ハワイに旅行に行くと、バスに無料で乗れたりなどもあるので、海外旅行者にもおすすめしたい1枚です!